中島地区とんどまつり に行ってきました!・・・そして 

ラリルレリ ラリルレリ ラリルレリル~♪

去る2019年1月13日、にちようび。
春を思わせる、ラララ~な休日。      成人の日の前の日
もみじ作業所やハッピーホームがある    吉島地区、
第三もみじ作業所や夢トピア、ドリームハウスがある観音地区で
それぞれの地域のとんどまつりがありました。今回は、吉島地区でおこなわれたとんどまつりを紹介します。
まずは、この一年の無病息災をねがって…                   厳かな中にも、どこかなつかしい雰囲気があたりを包み、心地よいです。         このおおきな、おおきな竹は、前の日に地域の方たちが取りに行き、組んだものです。圧巻!これに、各家庭からもってきたお正月のしめ飾りや、書初めの習字などをつるしていきます。

 

さあ、点火。地元の消防団の方が見守る中、どんどん火の柱が大きくなっていきます。

ねがいをのせる人も、のせない人も…

パキッ、パキッと、竹の木が燃えるとき特有の音が、こだまします。ああ、小正月。ああ日本人。
歳神様を炎とともに送る…という意味があるんですって。ありがとう去年。よろしく今年。・・・にしても、よく燃えるなあ~。見ていて全然飽きないや。         書初めの半紙がふわっと空に舞いました。それには「新しい光」って書かれていました。
もみじ作業所は、自主製品販売のバザーを出店させていただきました。いらっしゃいませ~。第三もみじ作業所で作っているクッキーも販売していますよ~。

そして、今回は…

今回、この「中島ふれあいとんどまつり」の看板を、もみじ作業所の仲間が書いたのです!       やったー。パチパチパチ。しっかりと紹介もしてくださいました。やった!

 

 

書いたのは・・・

 

 

 

この看板の文字を書いたのは…「さをり縫製グループの鵜川奈保さん」ニコニコ笑顔にピースサインが、今日の日の陽ざしのように、まぶしい。

・・・あれっ?あれ?この写真、どっかで・・・

えっ? まさか…
So, WHAT??
そう、この写真にまちがいない!

たからじまで⁇?
~12時ちょうどにあめがふる~ つづく

 

管理者

管理者

社会福祉法人もみじ福祉会 広報委員会発信
管理者

投稿者:

管理者

社会福祉法人もみじ福祉会 広報委員会発信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お問い合わせ

広島名物のイラスト

もみじ福祉会へのご質問、ご意見などお問合わせは下記本部へお電話、FAX、またはお問い合わせフォームからお願いします。

もみじ福祉会法人本部

TEL:082-243-0331

FAX:082-243-0497

お問い合わせフォーム